12


酒井政利/芝居心の幕が上がって。

 やわらかい風に誘われるように、あの坂道をのぼっていく。一瞬、ふと、開演前のざわめきが 耳朶 じだ をくすぐって通り過ぎたような気がして、つい早足になる。そして、研究所での芝居のひとときに身を委ねられることを思い、非日常的な、なんとも不思議な心地に満たされていく――。

「音楽を生業としていた自分に、芝居心を目覚めさせてくれたのは研究所だった」。
 音楽プロデューサー、酒井政利は断言する。南沙織、郷ひろみ、山口百恵、キャンディーズ、宮沢りえ…。音楽史に残る歌手、俳優たちと、数多の楽曲を世に送り出してきた伝説のプロデューサーは、人知れず、坂の上の伊藤正次演劇研究所に足繁く通っていた。
 元々は、ある作曲家を介して新人を勉強の一環として伊藤正次のところに預けたのがきっかけ。それが、いつしか酒井自身が演劇の持つ表現の深さに魅せられていった。

「私と、伊藤先生との共通点は、突き詰めると"人間が好き"というところ。俗にいう、おせっかい。だから、大事なことを放っておいてまで、人と付き合って面倒をみていましたね」
 研究所の所長であった伊藤正次の「人をつくる」という姿から、酒井は“作品”をつくる真髄のようなものを感じていたのかもしれない。
sakai.jpg
「表現する、創作するという仕事は、水と一緒なんですよ。境目がない。歌も演劇の世界も共通。大事なのは、表現の究極は 下衆 げす の世界だということ。人間の業や生き様、そういったものを品格を上げて表現する世界なんです」

 品のない人間が下衆を演じると、見るに堪えないものになる。品のある人間が表現として昇華して初めて、本当の哀れが出る。そこに境目は、あるようでない。だからこそ、演技ではなく人間を磨くこと。深謀遠慮。25年間、伊藤正次は、その一点をブレることなく研究生に刻み込んできた。




「先生は人間の内面を本当によく見ていました。洞察力がすごかった。こころの奥のレントゲン技師じゃないかと思うくらい。伊藤先生と話をしていると、人間というものに対して、こんな見方もあったんだなと気づかされる。私は、芝居心と思っているんですが、それが音楽の世界の表現にも深くつながって、とても勉強になった」
 音楽と芝居の世界で、それぞれ本物といえる表現者を世に送り出す仕事をしていたふたりは、人間の内面という奥行きのある世界を共有する。

「俳優を育てる、人間を表現の世界に引っぱり込むのは、一か八か。どっちかに引き込まないと成功しない。それは、覚悟のいることなんです。伊藤先生は、表現者を育てる天才であったけれども、同時にとても不器用な人でもあった。人間が好きで面倒をみすぎて、そこに甘えてしまう人もいたんじゃないのかな」
 酒井は、伊藤の本当の厳しさというものを目の当たりにしているからこそ、そう感じるという。
「表現者としても一級品にしたい、人間としても一級品にしたい。その葛藤だったと思うんです。人間としての一級品は、いい人だけれど俳優としてはどうかと。俳優として一級品でも、人間として一級品でなければ本当の表現はできない。どちらも妥協しないところが伊藤先生の厳しさだったんです」


12